aquadrops *

部屋の窓から見た、大橋JCTが開通するまでの5年間。


部屋の窓から見た、大橋JCTが開通するまでの5年間。随分久しぶりなエントリになりました。

大橋JCTが今日開通しました。
5年前、都内に引越すときに、
大橋JCTができるのを知らないで今のマンションに住んでしまい、
部屋の前にたちまち巨大なJCTが出来上がってしまったもので、
今の形になる前から、定期的に写真を撮っていました。

開通記念?ということで、
基礎工事中から開通までの5年間の変化をまとめてみました。
殆ど携帯で撮影しているのと、度々機種が変わっているので、
画質に多少の差異がある事はご容赦下さい。

2005年3月5日。基礎工事中でした。まだ246や、3号渋谷線が見渡せていました。
20050305

2005年4月23日。鉄筋が組み上げられ始めます。
20050423_1
20050423_2

2005年6月頃。部屋の高さまで鉄筋が組み上げられます。
200506_1

2005年12月頃。あっという間に今の高さに到達。
20051218

2006年10月頃。大橋1丁目の住宅街側は殆ど出来上がり。
200610

2006年11月頃。
200611

2007年はあいにく写真が見つかりませんでした。

2008年7月22日。
20080722

2008年8月2日。非常用階段が組み上がり始めます。
20080802

2009年2月1日。この頃からJCTと山手通りの間のブロックにあるマンションや住宅が壊され始めます。
20090201

2009年2月21日。奥に見えていたマンションが解体開始。
20090221

2009年3月15日。
20090315

2009年4月13日。マンションは跡形も無く消えてしまいました。
20090413

2009年5月10日。写真には写っていませんが、周りの民家も壊されています。
20090510

2009年6月7日。
20090607

2009年7月19日。この前後にタモリ倶楽部が取材に来ました。
20090719

2009年8月1日。246側の半周分が概ね出来上がった頃。
20090801

2009年8月19日。東急バスのビルが解体されています。
20090819

2009年8月29日。目黒川沿いの道路が拡張されました。工事期間中ずっと窮屈でした。
20090829

2009年9月5日。
20090905

2009年10月3日。
20091003

2009年12月3日。マンションや民家は殆ど撤去されました。
20091203

2010年1月9日。
20100109

2010年2月20日。開通まで1ヶ月強。
20100220

2010年3月7日。山手トンネルウォークが行われていました。
20100307

2010年3月27日。開通前夜の3号渋谷線と分岐してるところ。
20100327

そして今朝。開通6時間前。
20100328

開通後のJCTからはもちろん車の騒音は一切聞こえません。
逆に建設中の方が24時間昼夜問わず工事の騒音が聞こえていましたので、
これで落ち着いてくれるのかなぁ、と思います。
取り壊したマンションや東急バスのビルの跡地に地上42階の複合型ビルが建つようで、
まだまだ騒音に悩まされそうではあるのですが、楽しみでもあります。

大橋ジャンクション概要:大橋ジャンクションでつながる|東京SMOOTH:中央環状線 C2インフォメーションセンター

One thought on “部屋の窓から見た、大橋JCTが開通するまでの5年間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です