aquadrops *

仮想化(クラウド・VPS)サーバサービスを徹底比較!(2011/11版)


仮想化(クラウド・VPS)サーバサービスを徹底比較!(2011/11版) 

先日のさくらのクラウドKDDI(CPI)の CloudCore VPSで一通り出揃った感がありますので、基本サービスやスペック、オプションサービスで徹底比較してみました。

今回比較した業者は以下

今回、既に借りていたりお試し期間で借りてみたり、自腹をはたいたりして借りて検証してみました。

基本的に日本国内にサーバが置かれているサービスから選びました。

* 以下のリストは、iPhoneの場合は横向き、もしくはPC版で御覧ください。

 

サービス名 Osukini
Cloud
Osukini
Server
GMO
public cloud
CloudCore
VPS
さくらのVPS さくらのクラウド amazon
EC2
linode
HDD容量(GB) 80-320 50-400 -60(1契約) 100 20-240 20-1000 10-3370 20-800
RAM(GB) 1-4 0.5-4 -24(1契約) 2 0.5-8 2-128 0.6-68.4 0.5-20
帯域(Mbps)*1 40 40 1-100 200? 100-200 100-200 200? 200?
CPUコア数 1-4 1 1/10-4 1 2-4 1-12 1-8(HT) 4
CPU Intel
Core2Quad
Q8400
2.66GHz
AMD
Opteron
6128
2MHz
Intel
Xeon
L5640
2.27GHz
Intel
Phenom
9550
2200MHz
Intel
Core2Duo
T7700
2.40GHz
Intel
Xeon
X5675
3.07GHz
Intel
Xeon
E5507
2.27GHz
Intel
Xeon
L5520
2.27GHz
グローバルIP 1-5 1-5 1 1 1 1 *2 1 *3 1-2
ローカル
ネットワーク
共有 独立 *10 共有/独立 *11 共有
仮想化技術 Xen Xen Xen KVM KVM KVM Xen Xen
スペック変更 *4 *5
オートスケール
コンソール CUI 提供予定 CUI GUI CUI
独自テンプレート
OS
Ubuntu 10.10
Debian 6.0
Debian 5.0
CentOS5

Debian 6.0
Debian 5.0
CentOS5.5 CentOS5
(追加予定)
CentOS5
(カスタムで各種可)
CentOS5
CentOS6
SL
Fedora15
FreeBSD8.2
debian6
ubuntu 11.04
ubuntu 10.04
Gentoo
Amazon Linux AMI
SUSE11
RedHat EL 6.1
Windows Server 2008
ArchLinux2011.08
CentOS6.0
Debian6
Fedora15
Gentoo
openSUSE11.4
Slackware13.37
Ubuntu10.04LTS
Ubuntu11.10
CentOS5.6
Debian5.0
Fedora14
Slackware13.1
Ubuntu10.10
Ubuntu11.04
Ubuntu8.04LTS
サーバ設置場所 東京 東京 首都圏 首都圏 東京/大阪 北海道石狩 Virginia
Oregon
Carifornia
Ireland
東京
シンガポール
Fremont
Atlanta
London
Dallas
Newark
東京
初期費用(円) 0 3,000- 0 0 0-19,980 0 0 0
最低料金(円) 1000-
(月単位)
450-
(3ヶ月〜前払)
0
(従量日割)
980-
(3ヶ月〜前払)
980-
(月単位)*6
1-
(日割)
0
(時単位)
1-
(日割)*7
転送量課金 一定量超過後
支払い方法 カード 銀振
カード
カード 銀振 銀振
請求書
カード
カード カード
(ドル建て)
カード
(ドル建て)
ディスク速度*8(MB/sec) 127.99 68.28 11.54 179.46 300.49 638.43 76.38(t1.microの場合) 162.27
納期 即時-1週間 即時-1週間 コンパネから即時 数時間 即時-30分 *9 コンパネから即時 コンパネから即時 コンパネから即時

*1 SaaSesは公開情報、GMOはコンパネでの設定値、その他は実測値
*2 12月より、/28、/27のブロックでの付与が可能に(要ルータ+スイッチオプション¥10,500)
*3 固定IPが必要な場合はElastic IPの契約が必要
*4 別途 ¥1,000が必要。
*5 変更時に差額が決済され、30分程度停止する
*6 初回2ヶ月分前払い
*7 タイミングによって次月分も一緒に決済
*8 hdparm -t /dev/パーティション名 を数回実行した平均値
*9 銀振、請求書の場合支払い確認後の設定
*10 要スイッチオプション (¥5,250)
*11 要Amazon VPCの契約 (無料。リージョンを跨ぐと要転送量課金)

まとめ

  • とにかくディスク容量、とにかく簡単に安く使いたいならSaaSesCloudCore
  • ディスクの速さならさくら系
  • 拡張性、機能性ならAWS
  • コンソールの充実ならさくらのクラウド
  • いろんなOS使いたいならlinode
  • GMO public cloudは、機能こそ充実していますが、OSが選べないディスクI/Oが遅いなど、デメリットが目立ってしまいます。

もし間違いなどありましたらご指摘いただけると幸いですm(_ _)m

追記1:ローカルネットワーク、納期について追記しました。 (2011/11/21 10:30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です