aquadrops *

Mac mini Late 2012 Fusion Driveモデルが届いたのでバラバラにしてみた


Mac mini Late 2012 Fusion Driveモデルが届いたのでバラバラにしてみた昨年11月にMacBook Pro Late 2011を購入し、カスタムしまくって苦楽を共にしていたのですが、メモリ容量が公式には最大8GBまでだったり、頻繁にフリーズすることが多くなったため、買い替えることにしました。

最後までiMacと悩んだのですが、拡張性とかもろもろ考慮して、Mac mini Late 2012にしました。

Apple StoreでBTO

こんな感じにしました。2.3GHzモデルをベースに。それ以外のオプションはいらないのでそのまま。

税込 100,700円也。

メモリはソフマップでこれを購入。今までのを使いまわそうかとも思ったのですが、DDR3-1333だし、調べてみたところ8GB×2でも5,000円でお釣りがくる時代。BTOより安いです。

シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1600(PC3-12800) 8GB×2枚組 SP016GBSTU160N22

サブディスプレイも購入しました。先日デジイチを購入しまして(今回から写真が綺麗になります!)ポイントが沢山もらえたのでほぼタダ同然でした。

LG Electronics 21.5インチ 省エネ技術 Super Energy Saving + LEDバックライト搭載 画像技術 ピクチャーモード採用モニター E2242V-BN

Thunderbolt Displayに取り付けるマウンターも購入しました。

正規代理店品 BackPack v2 TWS-ST-000012

Mac miniが届いた!

中国の深センを12/6に旅立って4日、12/9の朝やってきました。長旅ご苦労。

箱を開けると、いつものMac miniのパッケージが現れます。

Mac miniは既に3台持っていますが、フィルムを剥がす瞬間はいつもワクワクします。

こんにちは、Mac mini

本体を取り出すと、こんな感じ。開くのも面倒くさくなるようなマニュアルは一切なしです。

本体のフィルムを剥がしてみます。この時の匂いも好きです。

外見はMac mini Mid 2011と全く同じです。

相変わらずの背面パネル

裏蓋を開けてみましょう

デフォルトで装備済みのメモリを外してしまいます。いつもはhynixなのですが、今回はELPIDAというメーカー。メジャーなのかもしれないのですが、お恥ずかしながら初耳です。

せっかくなので、ちょっとバラしてみたくなりました。

ネジ位置はMid 2010から変わっていないのでサクサクと進みます。

アンテナのコネクタの場所が微妙に変わっています。

ロジックボードはMid 2011までは手で押し出せばよかったのですが、今回からはそうも行かず。丸印の穴に柄の細いドライバーをまっすぐ突っ込み、手前に倒します。(正確には専用工具があるのですが、持ち合わせていなかったのです。)

1cmほど引っ張り出せたら、丸印の箇所のケーブルを外します。

ロジックボード(裏側)

ロジックボード(表側)

通常目にかかる部分ではないのですが、空間をとことん活用しているのには頭が下がります。

CPUとGPU。本当はカバーも外したかったのですが、面倒くさい複雑なのでやめました。

ドライブがお目見えしました。Fusion Driveでカスタムしたマシンの分解レポートがなかなか見つからなかったので、どうなっているのか興味津々だったのです。

ドライブを外す前に電源を外します。電源ジャックの下にピンのようなあり、引き抜くと緩むので、左側に倒して外します。

電源が外れ、ドライブが2個現れました。

筐体を裏返しているので下段側になりますが、SSD。SAMSUNG製です。あれ、仲悪かったんじゃなかったっけ…

上段側、HDDはHGST(日立)製。

届いて、ものの30分でバラバラになっちゃいました。

バラバラになるのも早ければ、元に戻るのも早い。8GB×2のメモリを装着します。

Mac miniがもとに戻ったところで、マウンターをThubderbolt Displayに取り付けます。Thunderbolt Displayでなくても、Apple LED Cinema DisplayやiMacでも使える代物。

渋谷のApple Storeで、iPhoneアプリでレジして購入しました。ちゃんと決済しても万引きみたいでなんだか不安になります。

中身。

マニュアルはあいにく英語ですがなんとかなります。

Thunderbolt Displayに取り付ける部分を装着して、

Mac miniを立てるための支えを装着。

こんな感じになりました。

MacBook Airをクラムシェルモードで使ったり、ストレージを置くこともできます。

初期セットアップ

デフォルトで入っているOSから淡々と進めます。

初期セットアップの中で移行アシスタント(データの転送に関する設定)がありますが、ここでやったところ、MacBookProでBluetoothを切っていたためか、移行完了後に入力を受け付けなくなる現象が起きてしまったため、ここでの移行は行わずに、MacBook Proで使用していたアカウント名とは別のアカウント名(tmp)を作りました。

初期セットアップが完了したら、ソフトウェア・アップデートを掛けておきます。

MacBook Proからデータを移行する

移行アシスタントを使いますが、MacからMacとか、ネットワーク越しのTimeMachineだと、ネットワーク転送がボトルネックになってとても時間がかかるので、ドライブを取り出しておいて、USBでマウントして転送します。

SSDの容量いっぱい、全体で235GBほどあったのですが、1時間半ほどで完了しました。

セットアップ完了後にやったこと

データ転送がうまく行けば、基本的にはMacBook Proの時と全く同じように使用可能になりました。

HomeBrewでローカルに開発環境を作っているのですが、ポロポロと動かない、おかしい箇所が現れたので、下記の操作を行う必要がありました。

  • Apacheが全てforbiddenを返す
    →Apacheの設定が初期状態に戻ったようなので、 /etc/apache2/httpd.confをMacBook Proのディスクからコピーして、apachectl restart
  • brew upgradeができない
    →ライブラリやシンボリックリンクのディレクトリの、other書き込み権限がなかったのが原因の模様。
    cd /usr/local;sudo chmod go+w ./bin/ ./lib/ ./include/
    して対応。

“このMacについて”を開いてみた

1パーテとして認識されています。

でもSSDとHDDの二刀流。

メモリもちゃんと16GBに。

グラフィックの詳細。ゲームはアメーバピグ程度のものしかしないので全く問題なし。

Mac miniに変えて良かった!

Fusion Driveのお陰でディスク容量不足も当面無さそうだし、容量が大きくなったからといってSSD並みのディスク速度で動いてくれるので、とても快適になりました。

2010年のMac Proとほぼ同等の性能というのも納得です。

みなさんもおひとつ、いかがでしょう。

アップル – デスクトップパソコン – Mac mini

One thought on “Mac mini Late 2012 Fusion Driveモデルが届いたのでバラバラにしてみた

  1. takkn

    FusionDrive盛りのMac mini はじめて拝見しましたー。私も中の構成気になっていたんですよねw 量販店仕様のi7モデル買ってあるんですが、まだ箱あけてなかた・・・fmfm ひとまずセカンダリ側が私のminiの仕様だと空きドライブになってるようですから、こっちにハイブリッドドライブ入れようと思います。Fusion化はSSD安くなってきたらまた追々・・・ひとまずHDD2台でミラー化して運用してみます〜 貴重なレポートを画像付きでありがとう!!