aquadrops *

さくらのクラウドでストレージのパーティションを拡張してみた(非LVM環境)


さくらのクラウドでストレージのパーティションを拡張してみた(非LVM環境) 

logo_1

ロゴを変えてみました。こんにちは。

順調に巡回先URLも溜まり、日々1時間おきに15万ほどのURLを巡回するようになりました。

取得したRSSは記事の”日付”が直近1週間以内のものと、それ以前の古いものを別けてDBに放り込んでいるのですが、

1日に2GBペースで増えていっており、当初SSD 100GBで用意していたDBのストレージ領域は右肩上がりで増えて行きました。

788862597

はえぇよ!

で、さらに100GBストレージを追加してみたものの、その領域もあっという間に溢れてしまい…

今回はその100GBのストレージを250GBのストレージに載せ変えてみる事にします。

* サーバ環境は CentOS 6.4、ディスクは2つ接続済(SSD 100GB(vda)+SSD 100GB(vdb))、フォーマットはext4。追加するディスクは標準プラン250GB(vdc)になります。

さくらのクラウドのコントロールパネルからは載せ替えられませんでした…

Linodeなんかでは、コントロールパネル(Linode Manager)からボリュームを自由に弄れたりしますが、そこまではあいにく出来ません。

20130714_1

コピー元と同じ容量でしかコピー出来ません…

20130714_2

諦めて、ストレージを追加して、載せ替えることにします。

250GBのストレージを追加します。

20130714_3

 

SSDプランは20GBか100GBのみなので、標準プランで。

20130714_4

拡張したいサーバを一旦止め、サーバ詳細のディスクタブを開いて、

“+接続”をクリックすると

20130714_5

先ほど追加したストレージを選択します。

20130714_6

これで接続完了。

20130714_7

追加されました!

20130714_8

当該サーバの電源をコントロールパネルから入れます。

サーバを起動し、SSH接続して、ls /dev/vd* してみます。認識してますね!

20130714_9

新しく追加したディスクにコピー

ここからターミナルの作業。

fdiskで移行元(/dev/vdb1)のパーティションサイズを確認しておきます。

20130714_10

移行先のディスクにパーティションを作ります。最初は移行元と同じサイズ(100GB)で作ります。

20130714_11

ddコマンドでパーティションごとコピーします。

vdb から vdcへディスクごとコピーしようとした所、とんでもなく時間がかかったので、パーティションごとにします。

20130714_13

途中経過は別にターミナルを起動して、 killall -USR1 ddすることで、見ることができます。

100GBのコピーが、25分程度で終わります。速い!

20130714_12

新しいディスクのパーティションを拡張します。

fdiskで、一旦パーティションごと削除→新しい容量で作り直しなんていう、パッと聞き恐ろしいことをしますが、データが消えることはありません。

20130714_14

 

いよいよ、載せ替え

サーバをコントロールパネルから止めて、移行元ディスクを取り外します。

20130714_15

20130714_17

20130714_16

外れました。

20130714_18

で、コントロールパネルから電源を入れます。

20130714_19

電源が入ったら、SSHで再び接続して、パーティションが認識しているか確認します。

20130714_20

認識してますね!でも、まだ100GBのままなので、resize2fsします。

数分時間がかかります。

20130714_21

で、もう一度dfしてみると、増えました!

20130714_22

これで完了。30分ぐらいで終わりましたヽ(=´▽`=)ノ

 

お約束ですが、この辺りの作業はデータをふっ飛ばしてしまう可能性がありますので、バックアップを取って、同じような環境を作って試される事をお勧めします…

One thought on “さくらのクラウドでストレージのパーティションを拡張してみた(非LVM環境)

  1. Pingback: さくらのクラウド、さくらのVPSからさくらのクラウドへのマイグレーション機能(ベータ)をリリースなど、機能追加のまとめ | P2P today ダブルスラッシュ