aquadrops *

MacBook Pro Retinaモデルを買ったのでAirMac Extremeも買い替えてみた


MacBook Pro Retinaモデルを買ったのでAirMac Extremeも買い替えてみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル Late 2013を買いました

ここ1年半ほど、以前バラバラにしたMac mini Late 2012を使っていましたが、そろそろ新しいMacに乗り換えたいなーと思っていました。ターゲットは iMac or MBP Retinaディスプレイモデル。

先日出来たApple Store表参道で話を聞いてみたところ、

Apple iMac 2.5GHz 21.5インチ thunderboltポート搭載 MC309J/A

IMG_4095

 

* これは先日出たiMac Mid 2014

“その用途ならMBPの方が断然いいよ!”と勧められてしまいまして、(恐らくディスクI/Oの面で勧められたよう。)

あっさりとMBPにしました。15インチのメモリ16GB、”一番いいヤツ”です。

CPUやSSDはカスタムしていません。だって、すぐ使いたいんだもん。

APPLE MacBook Pro Retina Display(15.4/2.3GHz Quad Core i7/16GB/512GB/Iris Pro/GeForce) ME294J/A

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_4108 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Thunderboltポートが2つあるのは嬉しいですね。1つはThunderboltDisplayにつなぐので、Thunderbolt HDDケースでも買いましょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例によってバラバラにしようとしたのですが、ネジがなかなか回らないのと、ねじ山が壊れそうになったので途中で挫折しました…前みたいにもう少し開けやすいといいのにな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Thunderboltケーブルで今までのMac miniとつないでデータ移行します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うっかり英語になってしまいましたが、移行中画面の時点でキレイ。

IMG_4121

Mac miniには300GBほどデータがありましたが、2時間で移行されました。速い!

MacBook Proが、無線規格802.11acに対応しているので、AirMac Extremeも買い替えました。

今回はここからが本題。

まず、オフィス兼自宅のネットワーク構成はこんな感じになっています。

office_network.001

上位はBフレッツ マンションタイプです。VDSLです。(引っ越した当初、Bフレッツしか対応していなかったのですが、7月にギガプランに乗り換えます。10倍増速です。)

ISPはいろいろと試してみたのですが、IIJmioがなかなか良い回線速度を出してくれるので、それに落ち着いています。さすが古参のISPです。

ローカルセグメントはGbE化されています。Juniper SSG5より上位はFastEthernetです。

電話周りは、ひかり電話(03番号)も、IP電話(050番号)も、一旦SIPサーバで受けて、iPhoneやMacのSIPソフトを繋ぐことによって、全端末が子機になるようにしています。自宅でも、外出先でも、国内外問わず旅行中でも、インターネットにさえ繋がれば、自宅にかかってきた電話を受けられるようになっています。

メディアサーバでは、チューナーで受けたFM放送をMP3ストリーミング化して、streamingサーバに送りつけ、どこでも聴けるようにしています。プライベート用なので、オレオレradikoと呼んでいます。ビットレートは256kbpsなので、HE-AAC 48kbpsなradikoよりはまだ音が良いのです。

余談が長くなりましたが、今回はAirMac Extremeをリプレイスして、LANケーブルを1本減らしてみます。

APPLE AirMac Extreme ME918J/A

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後ろ側はこんな感じ。WAN側Ethernetポートが1つ、LAN側Ethernetポートが3つ、USBポートが1つ、電源ポートが1つ。

ACアダプタが端折られた以外は今までのAirMac Extremeと同じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

付属品は電源ケーブルと、簡単な取説だけ。他社のようにLANケーブルやセットアップCD-ROMなんかはありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

置いてみました。

横幅は小さくなっても縦がでかい。棚置きしたMac mini 3つ分くらい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電源を入れたら、Macから、AirMac ユーティリティで設定してあげます。

設定項目が少ないので、今までのAirMac Extremeと同じように設定しますが、

本領発揮して頂くには、”ワイヤレスオプション”から、

airmac_utility_1

5GHzネットワークを有効にすることで、acの恩恵が受けられます。

airmac_utility_2

他メーカーだと管理画面がしょぼかったり、専門用語の羅列、設定が煩雑だったりして、素人向けなのに素人には使いこなせない感じですが、Appleはやさしいです。

ただ、痒い所までは手が届かない(細かいルーティングや、複雑なネットワークが組めない)辺りは、他の機材で補完する必要があります。

早速、スピードテストしてみました。

iPhone5s

対外のスピードを測ってみました。

今までのAirMac Extreme  新しいAirMac Extreme

IMG_4164 IMG_4167

iPhoneは 802.11n(最大450Mbps)までの対応なのに、格段に増速できています。

MacBook Proの場合。

対外に対しての速度は、全く同じでした。

LANケーブル接続の場合

ethernet-speedtest

今までのAirMac Extreme

wifi-speedtest

新しいAirMac Extreme

wifi-new-speedtest

 

ローカルネットワーク上のMac miniのStorage1からのファイルコピーは格段に違いが出ました。

LANケーブル接続の場合

ethernet-filecopy

今までのAirMac Extreme

wifi-mbp-filecopy

新しいAirMac Extreme

wifi-new-filecopy

公称値(1.3Gbps)の半分程度ですが、今までのよりは倍以上の速さになりました。

新しいAirMac Extremeは今更ながらいい!

Wi-Fiでもかなり快適になりました。

公称値には程遠いので、AirMac Extremeの置き方を工夫したり、端末側でのチューニングの余地はありそうです。

次回は”フレッツ回線がギガ化するので、Mac miniをごにょごにょしてアレにするよ!”です。(7月上旬予定)