aquadrops *

次期サーバーマシンを購入しました


次期サーバーマシンを購入しました自分の作ったアプリはあくまで自前設備で動かす、というポリシーなのですが、

次期サーバーマシンを購入して既にテスト中ですので公開します。

今まではPowerEdge SC 1435(AMD Opteronが載ったもの)を購入していましたが、今回は趣向を変えてIntelの普通のデスクトップマシンにしてみました。

全景。組立られた状態で送られてきました。

MSI P45 Neo-Fというボード。

PCIスロットにはGbEのNICを2枚追加しました。

オンボードのNICがr8168のものでカーネルにドライバを追加しないといけない物で、、カーネルのバージョンアップで接続できなくなってしまうので、安定性を取って今回は不使用という事にしました。

CPUはIntel Core 2 Quad Q9550 2.83GHzが載っています。L2キャッシュは12MBもあります。

メモリはDDR2スロットが4つ。写真ではPC2-6400の2GBが2枚刺さっていますが、送付前に4枚に増設して8GBにします。

グラボはNVIDIA GeForce 9400GT 512MB。ハイエンドゲーマー向けですね(笑)

HDDはSATA2 500GBが2個。RAIDではありません。

BIOSで見た所。きちんと認識されています。

で、CentOS5を何度か入れてみました。OSインストールも速い。

/proc/cpuinfoを見てみた所。

topでもきちんと4個認識されています。

既にセットアップはほぼ完了していて、Xenで仮想化設定済み。WebサーバーやクローラーなどCPUパワーを使う物はこちらに入れて行く予定です。

現状4年前に購入したPowerEdge2650 (Xeon 3.06GHz ×2,RAM 2GB,HDD 36GB×4 RAID5)が稼働中ですが、ディスク容量は10倍、CPUパワーも数倍以上になっています。それでいて消費電力はかなり抑えられてるので、エコにも貢献できそうです。

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です