aquadrops *

Technologies and Labs, Lifelog and more.

2020-05-13

iPhoneからでも簡単にできる!「特別給付金」の申請を早速やってみました

前回は事業者が対象の「持続化給付金」の申請を行いましたが、今回は1人10万円が支給される定額給付金の申請をiPhoneから行いました。

例として「目黒区」に申請をしていますが、オンライン申請に対応している自治体全てに同じ方法で行えますので、ご自身の市区町村名に置き換えて、ご参考にしていただければと思います。

支給条件をおさらい

  • 2020年4月27日に住民基本台帳に記録されていること
  • 世帯主に一括支給

用意したもの

  • マイナンバーカード
  • iOS13.1以降がインストールされたiPhone 7以降のiPhone (今回はiPhone 11 Proを使いました。)
  • 「マイナポータル」アプリ
  • ネットバンキングのスクショ

申請してみましょう!

一連の流れとしてはこんな感じ。

  • マイナポータルにログインする
  • ぴったりサービスで「特別定額給付金」を検索
  • 電子署名付与の動作環境の確認
  • 連絡先(メアド・電話番号)の入力
  • 申請者情報の入力 (マイナンバーカードから読み取り)
  • 申請情報の入力
  • 入力内容の確認
  • 添付書類(口座証明書類)の登録
  • 電子署名の付与 (マイナンバーカードで署名)
  • 申請の送信
  • 控えの受け取り

複雑に感じるかもしれませんが、全体でも10分ほどで入力できます。めげずに進めましょう!

「マイナポータル」アプリを開きます。

「スマホでログイン」をタップします。

マイナンバーカードを交付してもらうときに決めた「4桁のパスワード」を入力して、「次へ」をタップ。

マイナンバーカードをiPhoneに当てて、「読み取り開始」をタップします。

「マイナポータル」にログインした状態でSafariが開きます。「申請はこちら」をタップします。

ぴったりサービスが開くので…

下にスクロールして郵便番号を入力して、「地域を検索」をタップします。

「特別定額給付金」にチェックを入れで、「この条件でさがす」をタップします。

検索結果画面で「特別定額給付金」にチェックを入れて、

下にスクロールして「申請する」をタップします。

「電子署名が〜」のポップアップが出ますが、「OK」をタップします。

「申請方法の確認」の画面で特別定額給付金が選ばれているのを確認して「次へすすむ」をタップします。

「電子署名付与の動作環境確認」の画面でそれぞれチェックを入れて「次へすすむ」をタップします。

「ご連絡先の入力」の画面でメアド、電話番号を入力して「次へすすむ」をタップします。

メアド、電話番号のいずれか、としていますが、両方入れておいたほうがスムーズ と思います。

「申請者情報の入力」の画面で、「マイナンバーカードを読み取り」をタップします。

住所などを個別で入力しても良いのですが、こちらのほうがラクです。

「マイナンバーカードの読み取り」の画面で、「カードを読み取る」をタップします。

「マイナポータル」アプリが開くので、4桁のパスワードを入力して「次へ」をタップします。

マイナンバーカードをiPhoneに当てて、「読み取り開始」をタップします。

この画面になったら、Safariに戻ります。

住所や生年月日などは入力された状態になっているので、「フリガナ」「郵便番号」「電話番号」を入力して「次へすすむ」をタップします。

「申請情報の入力」では、住所や生年月日などは前画面で入力された状態になっているので、同居家族がいれば「給付対象者」に名前を入力、受取口座にも入力して、「次へすすむ」をタップします。

「入力内容の確認」では、前画面までに入力した情報を確認して、「次へすすむ」をタップします。

「添付書類の登録」では、事前に用意していた口座情報のスクショや写真を選んで、「次へすすむ」をタップします。

「添付書類の確認」では、添付ファイルを確認して問題なければ「以上を確認・同意し、次へ」をタップします。

「電子署名の付与」では、「電子署名を付与する」をタップします。

「マイナポータル」アプリが開くので、英数字のパスワードを入力して「次へ」をタップします。

読み取りが完了したらSafariに戻って、「送信する」をタップします。

「送信完了」画面になれば申請完了です。念の為控えをメールに送りましょう。「登録アドレスに送信する」をタップします。

この画面になったらすべての手続きが完了です。

まとめ

マイナンバーカードのパスワード3種を失念していなければ、申請自体は10分程度で完了します。

「書類記入式」では自治体によっては6月からの送付開始、なんていうところもあります。電子申請を活用して、素早く受け取ってしまいましょう。

受け取ったらまた更新します。